Essai

JMM FARM TO CHOCOLAT

# 11

育てる人、つくる人、
愉しむ人を幸せにしたい。

私は、関わるすべての人が幸せになるショコラをつくりたい。ショコラティエとは人を幸せにする仕事だと、誇りを持っています。
まず、農園の生産技術や、乾燥・発酵など設備の支援を行うことで、カカオの質が向上し、よりおいしいショコラをつくることができます。
さらに、農園で働く人たちの経済的な自立や、健やかに働ける環境づくりをサポートすれば、彼らの生活の質もよくなります。
農園のみんなと私がつくったショコラを食べてくださる皆さんは、地域社会の発展や地球の未来を持続させることに関わっているのです。
こうしてカカオとショコラの間にいくつものよい循環が生まれれば、森や生きもの、人の暮らしが豊かに調和する姿がきっと見えてきます。