Tasting

〜テイスティングについて〜

カカオの個性を味わう愉しみ
「テイスティング」の旅へ、ようこそ

ショコラには、カカオ由来のさまざまな風味があります。たとえば、花、フルーツ、きのこ、スパイスを思わせる香りや、甘味、酸味、苦味、塩味といった味わい。

テイスティングとは、ショコラの個性やその強弱などを知り、味わう愉しみを広げることです。ショコラもワインと同じく、五感をフルに働かせて愉しみたいもの。とはいえ、難しく考えずにゆっくり味わうことが一番大切です。

JMMが使用するのは、世界6カ国の銘産地で育てたカカオ豆。数々の海を渡る、遥かなショコラの旅をお楽しみください。

ショコラの個性を
より楽しんでいただくために

室温は20℃程度が理想的

体も気分も落ち着いた、静かで快適な環境が良いでしょう。この時、ショコラも冷やしすぎは禁物!より香りと口どけを楽しむためには15℃~20℃が理想的です。

風味や香りが混ざらないように

テイスティングの際にはコーヒーなど強い風味の嗜好品や香水と一緒に楽しむのは控えた方がよいでしょう。

※ショコラは、その時の体調や時間により印象が変わることがあります。

ミネラルウォーターでリセット

1片ずつ召し上がった後、常温のミネラルウォーター(出来れば軟水)でお口の中をクリーンな状態に戻すことで、ショコラの個性をよりはっきりと感じることができます。

〈 おすすめの順番 〉

お召し上がりいただく、おすすめの順番をシートでご案内。
産地の特徴やテイストのご紹介文を読みながら、味わいを想像しましょう。

1

【視覚】

ショコラの形や色合いを楽しむ。ナイフを
入れて、断面の色合いや質感を見る。

2

【嗅覚】

ゆっくり鼻に近づけ、
静かに香りを確かめる。

3

【食感】

半分だけ口に含んで口の中で
ゆっくりと溶かす。

4

【味覚】

香りを鼻腔へと送り、
カカオの風味と味を確かめる。