Cacao

〜6カ国の希少なカカオ〜

各地のオーガニックカカオも
個性豊かなアロマや味わいを愉しむ旅へ、
ようこそ。

国名をクリックいただくと、原産地別カカオの特徴のご案内が
表示されます。

世界中から厳選したオーガニックカカオ豆。
  • HAITIハイチ産

    フルーティーなニュアンスでありながらカカオの味わいもしっかりと。苦みが少なく、バランスの取れた味わい。

    Taste note
    〈バニラ〉〈シナモン〉
    グラフ

    CACAO〈フォラステロ種〉

    ハイチ北部の1500以上ものカカオ生産者と契約を交わすカカオ輸出業者(PISA)を通して仕入れています。PISAはこれまでの過酷な労働条件で働いていた生産者に対し、適正な対価を与え、持続可能なカカオを育成するための支援を行っています。

  • DOMINICAドミニカ共和国産

    カカオの甘味酸味、大地の香りを感じる奥行のある味わい。フルーティーな余韻が続きます。

    Taste note
    〈大地〉〈トロピカルフルーツ〉

    ※一部の粒は、JMMが支援するパートナー農園のドミニカ共和国のエデン農園産のカカオ豆を使用しています。
    グラフ

    CACAO〈フォラステロ種〉

    CONACADOというカカオ農家の共同組合で生産されたものをフェアトレードで仕入れています。組合は設立当初からオーガニックカカオの生産をサポートしていて、フェアトレードで得られる50%の収益はカカオの品質を高めることや労働環境を改善することを行う基金、残りの50%は社会活動プロジェクトに使われています。

  • EQUATEURエクアドル産

    苦みと酸味が舌の上に広がり、フルボディな味わい。リコリス、ハーブ系の香りがつづきキレのある味わい。

    Taste note
    〈タバコ〉〈きのこ〉
    グラフ

    CACAO〈アリバ・ナシヨナル種〉

    UNOCACEというカカオ農業組合によって生産されています。この組合は良質で薫り高い高品質なカカオを生産し市場に出し、生産量を増やすために市場の需要を拡大することを使命として設立されました。

  • PERUペルー産

    ナッツのような焙煎香やカカオ感がしっかりと感じられ、それでいて華やかな印象の味わいの余韻が続きます。

    Taste note
    〈ナッツ〉
    グラフ

    CACAO〈クリオロ種〉

    CACVRAという共同組合で作られたものです。この共同組合は、2003年からペルー発のフェアトレードでカカオを販売する組織として発足しました。

  • TANZANIAタンザニア産

    アフリカ大陸特有の力強さと、土壌の影響を受けた繊細な赤いフルーツを思わせる果実味に溢れ、ここちよい苦みが後を引く、輪郭のはっきりとした味わい。

    Taste note
    〈バニラ〉〈シナモン〉
    グラフ

    CACAO〈フォラステロ種〉

    タンザニア中心部では、100以上の村で農家がカカオの生産を行っています。農場はGPSのような最新技術を使って管理され、さらに仲介業者を通さずに直接農家に対価を支払うことでカカオ豆の品質が保たれています。

  • MADAGASCARマダガスカル産

    ベリー系の果実のような酸味が口いっぱいに広がり、軽やかで滑らかな印象が続きます。

    Taste note
    〈シトラス〉〈花〉
    グラフ

    CACAO〈フォラステロ種〉

    Akesson Organic Plantation(アケッソンオーガニック農場)で栽培されたものです。この農場は、マダガスカルの中でも良質なカカオの銘産地として知られるサンビラーノという地域に位置しています。

×

最高級のクリオロ種や
アリバ・ナシオナル種など、
世界6カ国から希少品種を集めて

カカオと一口に言っても、コーヒーが産地によって味が異なるように、カカオにも産地による特徴があります。カカオ豆が本来持つ風味や味わいを最大限に活かすためにオーガニック栽培のもののみを使用しています。

カカオの風味が他の食材を引き立てることはあっても、別の風味を加えることで良いショコラになるのではありません。良いカカオ、それこそが美味しいショコラを生み出すのです。