JEAN MICHEL MORTREAU

ABOUT JMM

PHILOSOPHY世界でいちばん、やさしいショコラを。

「わが家は、いつもオーガニックとの出逢いに満ちていました。家族はオーガニック農家で、食卓は農園由来の野菜やパン、チーズであふれていたのです。
母は料理上手で、私が世界で最も美味しいと思うショコラケーキは彼女の手作り。私はオーガニックに囲まれ、ショコラ好きになるべくしてなったのだと思います。オーガニックショコラで大切なのは、カカオの風味が一番大切な要素であり、他フレーバーはあくまでもカカオの引き立て役であるということ。
複雑にしすぎず素材本来の味を際立たせ、後味も、やさしく消えてまた食べたくなる味わいに仕上げます。日本の皆様にも、オーガニックのやさしさ、素晴らしさが伝わるよう、これからも自然の息吹に満ちた作品を贈り続けていきます。」

ジャン=ミッシェル・モルトロー

オーガニックに育まれた人生。
世界で愛される先駆。
ジャン=ミッシェル・モルトロー

1964年、フランス中西部アンジー生まれ。二代にわたるオーガニック農家のもと、幼少時からオーガニックの恵みに囲まれて育ち、オーガニックの味わいを体に刻み込みました。
青年になった彼は、母の作るオーガニック料理以外に本当に食べたい料理を出してくれるレストランがなかったため、シェフスクールに通い、2000年、オーガニックレストランを開店。食の大国フランスでも、最も早くオーガニック認証「ABマーク」を取得したレストランをはじめた一人とされています。

オーガニックに育まれた人生。世界で愛される先駆。ジャン=ミッシェル・モルトロー

やがて、自家製のオーガニック・ショコラをサーブしていたところ、人々の評判が広まり、瞬く間に現地のオーガニックショップで販売されることに。その後もファンは増え続け、ショコラティエとして専念。現在では、国境を越えて品質が認められ、チョコレート王国ベルギー、スイスなどの、食に関心の高い方々に愛されています。今も彼は、ショコラティエとして伝統と革新を極めるため日々挑戦し続けています。
作品のすべては、フランス・ロワール地方の都市ナント近郊、人口わずか2,500人のサン・シュルピス・ル・ヴェルドン村で作られます。

草花が踊る平原とのどかな田舎の風情が残る村は、オーガニック・ショコラを生み出すにふさわしい場所だといえます