JEAN MICHEL MORTREAU

CHOCOLATE

FLEUR DE SEL千年の時を超えて、
水面に輝く塩の花。

「ゲランドの塩と出逢ったのは、7歳か8歳の頃。課外授業でよく海へ行き、塩が作られる様子を見る機会もあり身近なものでした。昔ながらの製法に感動したことを覚えています。」

千年の時を超えて、水面に輝く塩の花。

美しい大西洋に囲まれたフランス・ブルターニュ地方、ゲランド一帯は野鳥たちが群れ集う自然の宝庫です。この地のゲランド塩田で、太陽と風の力のみでゆっくりと結晶化させた「一番塩」は、水面に最初に浮かぶ塩の結晶を丁寧に手作業で収穫したもの。スミレの香りがすることから、“フルール・ド・セル(塩の花)”と呼ばれる希少な塩です。1000年以上もの長きにわたり伝統的な手法で作られるこの天然塩は、粉砕や洗浄が一切行われず、また塩自体に旨みとミネラルを含んでいるため、素材の味を存分に際立たせます。